スポンサーリンク

大河ドラマ2022鎌倉殿の13人の静御前役を予想!過去誰が演じたかも

ドラマ

いよいよ、大河ファンのみなさんが楽しみにしている、2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人(かまくらどののじゅうさんにん)』が、2022年1月9日からスタートですね!

北条義時をつとめる主演の小栗旬(おぐりしゅん)さんをはじめ、源頼朝をつとめる大泉洋(おおいずみよう)さん、その妻政子をつとめる小池栄子(こいけえいこ)さんなどなど、『おぉ・・・・さすが大河ドラマ』という豪華なキャスティングです。

ですが、実はちょっと気になる役柄が残っているんですよね・・・。

それは、源義経の妾と言われている『静御前(しずかごぜん)』です。

源頼朝も義経も出てくるんだから、静御前が出てこないわけがない!と思うんですけど・・・。

そこで今回は大河ドラマ2022鎌倉殿の13人について、

  • 大河ドラマ2022鎌倉殿の13人の静御前役を予想!
  • 大河ドラマの過去の静御前は誰が演じた?
  • 大河ドラマ2022鎌倉殿の13人はいつからで、何回の放送予定?

などの項目についてご紹介していきたいと思います!

 

合わせて読みたい

大河ドラマ2022鎌倉殿の13人タイトルの意味と13人とは誰?名前とキャスト紹介

大河ドラマ2022鎌倉殿の13人の後鳥羽上皇役を予想!過去誰が演じたかも

大河ドラマ2022鎌倉殿の13人の弁慶役を予想!歴代誰が演じたのかも

スポンサーリンク

大河ドラマ2022鎌倉殿の13人の静御前役を予想!

はじめにご紹介したように、大勢のキャストが発表されている中、まだ『静御前』の役は発表されていないんです。

【2022年5月1日追記】

静御前は、石橋静河(いしばし しずか)さんでした!

俳優の石橋凌さんと原田美枝子さんのお嬢様です。

映画にCMに、ドラマにと大注目の女優さんです。

確かな演技力と、涼しげな目元が印象的ですよね。

静御前の少しミステリアスな雰囲気にぴったりです!

以下は私が予想していた時の内容です。

外れてしまいましたね(;^ω^)

もしかしたら『青天を衝け』のときのように、時代背景的に坂本龍馬は絶対出てくるはずなのに、あえて出さなかったということもあるので、出ないなんてこともあるかもしれませんが、義経の妾で、さらには悲劇の女性・・・・。

描かないはずはないと思うんですよね・・・。

なのに、まだ出てこないということは・・・・きっとかなり旬の若手女優さんが登場するのではないかと思っています。

肝心の配役ですが。

私の予想は平手友梨奈(ひらてゆりな)さんです!

元欅坂46のメンバーで不動のセンターを務めた平手さん。

ダンスパフォーマンスもさることながら、若いころの山口百恵さんのような涼しげで、哀愁を帯びているけど力強い目元が印象的です。

最近では、2021年の年末にNHKのドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ』にも出演していましたね。

ほかにもNHKではないですが、TBS系ドラマ『ドラゴン桜』にも出演し、話題になりました。

CM出演もしたりと、大活躍中です。

何が起きるかわからない、ミラクルが起きるのが三谷作品。

だから、きっともう配役は決まっていて、サプライズで平手さん登場!なんということになるのでは?と勝手に予想しています。

そして、あながち私の勝手な予想でもないかな・・・?なんて思いました。

みなさんの声もご紹介しますね。

意外と私の勝手な予想、とは言い切れないかなって(笑)

でもこんな意見もありました。

結構多かったんです、この意見。

義経役が菅田将暉さんですからね。

でも、新婚さんですし、さすがにこのキャスティングはないかなと。

とはいえ、何が起きるのかわからないのが三谷作品ですからわかりませんね(笑)

そして、この意見も多かったです。

ですが、この方の言うように、石原さとみさんは、大河ドラマ『義経』で以前演じていますので、再び同じ役で大河ということは可能性は低いのかなと思います。

ほかにも、挙がっていたのは、

  • 橋本環奈さん
  • 島崎遥香さん
  • 上白石萌音さん
  • 清原果耶さん
  • 永野芽衣さん

などなど。

若手人気女優さんの名前が挙がっていました。

盛り上がっている中、こんな意見も。

うーん、確かに・・・・。

でも、美しい舞と、やはりこれまた悲劇のヒーロー義経との話は外せないと思うんですよね・・・。

新しい情報が入り次第、こちらでお知らせしますのでぜひぜひチェックしてみてくださいね!

ところで、過去に大河ドラマで『静御前』を演じてきた女優さんは誰だったのかも気になりませんか?

早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

大河ドラマの静御前役は過去に誰が演じた?

歴代、誰が演じてきたのでしょうか?

年代を追ってご紹介します。

1966年:『源義経』・・・藤純子(富司純子 ふじすみこ)さん

2005年:『義経』・・・石原さとみさん

2005年の石原さとみさんを覚えている方、多いみたいですね。

ほかにも、大河ドラマではありませんが、1986年のNHKの新大型時代劇の枠で、『武蔵坊弁慶』という作品に、麻生祐未さんが静御前役で出演していたようです。

若いころの麻生祐未さんは、怖いくらいに美しいんです(もちろん今もお美しいことに変わりはないのですが)。

あまり情報が多くなく、この3人の女優さんしか見つけられなかったのですが、いずれにしても、美しい女優さんが演じたということは間違いないですね。

では、最後に2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』はいつから始まって、何回の放送予定なのかも見ていきましょう!

スポンサーリンク

大河ドラマ2022鎌倉殿の13人の放送はいつからで、何回の予定?

一番はじめにご紹介したように、『鎌倉殿の13人』は年明け2022年1月9日(日)からの放送予定です!

ですが、放送回数は現在のところ未定です。

新型コロナウィルスの影響で、いつ何時また緊急事態宣言、自粛要請がされるかわかりませんので、放送回数は決まっていないそうです。

最近は、オミクロン株が急拡大していますしね・・・。

ただ、開始はコロナ前の通りの開始なので、何事もなく進めば、45~50回程度の放送回数となると思います。

こちらも、新しい情報が入り次第、お知らせしますね!

スポンサーリンク

まとめ

さてここまで、鎌倉殿の13人の静御前役は誰なのかの予想や、歴代誰が演じたかなどについてご紹介してきました。

2021年『青天を衝け』が当初の予想以上に、めちゃめちゃおもしろかったロスになっている方も多いみたいです(私の夫もその一人です)。

大河ドラマは鎌倉時代。

なかなか、鎌倉時代というのは、『源義経』のようにイケメンで、歴史上の悲劇のヒーローのようなスターが登場してこないと話が盛り上がらないということもありますが、そこは三谷幸喜さんの脚本ですから、おもしろくならないはずがないと思うんです。

真田丸も新選組もおもしろかったですしね!

しかも、キャスティングの妙!

三谷作品の常連の、八嶋智人(やしま のりと)さんや、佐藤浩市(さとう こういち)さん山本耕史(やまもと こうじ)さんも出演予定ですし、キャストがほんとに豪華なので楽しみですね。

『青天を衝け』が終わってしまうのは寂しいですが、新しい大河ドラマも期待大です!!

 

大河ドラマ2022鎌倉殿の13人タイトルの意味と13人とは誰?名前とキャスト紹介

大河ドラマ2022鎌倉殿の13人の後鳥羽上皇役を予想!過去誰が演じたかも

大河ドラマ2022鎌倉殿の13人の弁慶役を予想!歴代誰が演じたのかも

コメント

タイトルとURLをコピーしました