スポンサーリンク
スポンサーリンク

札幌雪まつり2023の特徴や魅力は?見どころや歴史についても紹介

お出かけ

札幌で開催される北海道の代表イベント「札幌雪まつり」

第73回札幌雪まつり2023は、3年ぶりに会場での開催が決定しました!

毎年行っていたのにしばらく行けなくて寂しい思いをしていたという方も多いのでは?

そこで今回は札幌雪まつり2023について、

  • 札幌雪まつり2023の特徴や魅力は?
  • 札幌雪まつり2023の見どころと歴史
  • 札幌雪まつり2023のイベント概要

などの項目についてご紹介していこうと思います。

さっぽろ雪まつりに行くならここから申し込み!
全国旅行支援も再開したからお得に行けるチャンス♪
↓↓↓

 

スポンサーリンク

札幌雪まつり2023の特徴や魅力は?

札幌雪まつりは例年「大通会場」「つどーむ会場」「すすきの会場」と、3ヶ所のエリアで開催されます!

しかし2023年は「つどーむ会場」の開催は見送られ、「大通会場」「すすきの会場」の2ヶ所になります。

「つどーむ会場」を含めた、各エリアの特徴と魅力がこちら!

【大通会場】

札幌雪まつりのメイン会場となる大通会場

札幌の中心にある大通公園内には、自衛隊が作成する大規模な雪像や市民ボランティアの大小さまざまな雪像、大雪像に映し出されるプロジェクションマッピングなど個性豊かな雪像が沢山並びます!

2023年に予定されている会場構成は以下の通りです。

  • 1丁目:ウインターアトラクションなど
  • 2丁目3丁目:中小雪像・市民雪像など
  • 4丁目5丁目:大雪像
  • 6丁目:市民雪像など
  • 7丁目8丁目:大雪像
  • 9丁目:市民雪像など
  • 10丁目:大雪像

1丁目から10丁目までコンセプトの異なる雪像を見ることができます。

また他の会場にアクセスしやすく、観光しながら見られるのも魅力です!

【すすきの会場】

日本を代表する歓楽街の1つすすきのでは、幻想的な氷の彫刻を楽しむことができます。

「氷を楽しむ」をテーマに、氷像に触れたり乗ったりできるふれあい広場、定番の撮影スポットイルミネーションロードなど、氷像を見て・触れて氷の世界を体感することができます!

また雪まつりの中でもトップクラスの美しさとも言われている「夜にライトアップされる氷の彫刻」もあり、他会場に比べて飲食店も多いので北海道名物を楽しみながら夜の街を散策できるのも魅力です。

【つどーむ会場】

2023年は開催見送りになってしまいました。

ですが、つどーむ会場は例年スポーツ交流施設として「滑り台」や「スノーラフト」など雪を利用したアトラクションが設置されていました!

子供向けのアクティビティが充実していて、家族で訪れる方も多いようです。

まるで雪の遊園地とも言えるくらいどれも本格的なものばかりなので、思いっきり遊びたい方にピッタリの会場です!

来年の開催を期待しましょう!

会場準備も着々と進められているみたいですね!

そんな札幌雪まつり、見どころや歴史なども気になりますよね。

次にご紹介していきます。

スポンサーリンク

札幌雪まつり2023の見どころと歴史

札幌雪まつりは1950年、地元の中高生が大通公園に6つの雪像を設置したことをきっかけに始まりました。

かなり歴史のあるお祭りなんですね。

最初の雪まつりでは雪像展示のほか、雪合戦やカーニバルといったイベントが開催されたようです。

その後自衛隊による大規模な雪像作りが始まり、1972年に札幌で開催された冬季オリンピックを機に世界中に知れ渡りました!

そんな札幌雪まつりの見どころは、会場に沢山飾られる大小さまざまな雪像

制作期間は丸3ヶ月、総勢約200人が連日徹夜で作業をするみたいです!

札幌は1年で5メートル近く雪が積もる豪雪地で、例年3トン近くの雪を集めます。

その雪を日本の城をはじめとする国内外の名建築や世界遺産日本や北海道の文化をモチーフにしたものスポーツ・映画・漫画・アニメ・ゲームなどのサブカルチャーをモチーフにしたものなど、重機も使いながらさまざまなテーマで作られます!

札幌雪まつり2023は3年ぶりの会場での開催。

北海道の魅力を満喫できるイベント!とても楽しみですね!

最後にイベント概要を見てみましょう。

スポンサーリンク

札幌雪まつり2023のイベント概要

【開催期間】
・2023年2月4日(土)〜2月11日(土)の8日間 ライトアップは日没〜22時まで。
すすきの会場のライトアップは23時まで。※最終日22時まで。
【会場】
・大通会場:西1丁目から西10丁目
・すすきの会場:南4条通から南7条通までの駅前通
※つどーむ会場は開催見送り

 

すすきの会場

【アクセス】

大通会場:札幌駅から市営地下鉄で一駅。

地下歩行空間を歩いても10分程度。

すすきの会場:地下鉄すすきの駅を出てすぐ。

公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

さてここまで、札幌雪まつり2023の特徴や魅力、見どころや歴史などについてご紹介してきました。

コロナ禍の影響でようやく3年ぶりに観光客も入れての開催となります。

今年は賑わいそうですね!

歴史のある雪まつり、ぜひぜひ今年は北海道へ足を運んでみては?

 

さっぽろ雪まつりに行くならここから申し込み!
全国旅行支援も再開したからお得に行けるチャンス♪
↓↓↓

 

スポンサーリンク
お出かけ
スポンサーリンク
arisan2152022をフォローする
"phil" of Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました