スポンサーリンク
スポンサーリンク

デーデーブルーノの両親の職業は?実家がどこかとプロフィールも紹介

オリンピック

先日2021年6月26日の夜、日本選手権でジャイアントキリングが起きて、「デーデー・ブルーノ」という名前が全国に知れわたりましたね!

最大の注目となった男子100m決勝で、自己最高記録を更新して10秒19で多田修平(ただ しゅうへい)選手に次ぐ2位、そして2日後の200m決勝でも、自己ベストの20秒63というタイムを叩き出して、小池祐貴(こいけ ゆうき)選手に次いで2位という快挙をとげました。

惜しくも、100m、200mのオリンピック日本代表には選ばれませんでしたが、400mリレーのメンバーとして見事に選ばれました!

またまた楽しみな選手が出てきましたね!

そこで今回はオリンピックで大注目の陸上選手、デーデーブルーノ選手について、

  • デーデーブルーノの両親の職業は?
  • デーデーブルーノの実家と出身高校はどこ?
  • デーデーブルーノのプロフィールを紹介
  • デーデーブルーノのツイッターとインスタのアカウントはある?

などの項目で、ご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

デーデーブルーノの両親の職業は?

デーデーブルーノ選手は、ナイジェリア人のお父さま、デーデー・ピーターさんと日本人のお母さま千秋さんとの間に次男として生まれました。

ピーターさんも千秋さんも現在56歳。

お二人がどのようなお仕事をしているのかいろいろ調べてみましたが、わかりませんでした。

これから、デーデーブルーノ選手が注目されてテレビでも取り上げられるようになったら、ご両親へのインタビューなども増えるかもしれないので、新しい情報が入りましたら、こちらでお知らせしますね!

ちなみに、デーデーブルーノ選手がこれだけの実力とポテンシャルを持っているので、さぞご両親も運動神経抜群なのではと思いましたが、実はご両親は、そうではないみたいです。

ですが、やはりお父さまのピーターさんの血を受け継いでいるというのが大きいのではないでしょうか?

もともと持っているポテンシャルが、アングロサクソンや、我々黄色人種のそれとは全く違いますよね。

狩猟民族が祖先と、農耕民族が祖先ということでも大きな違いがありますし。

もちろん、あの筋肉を見ると、デーデーブルーノ選手自身のものすごい努力もあると思いますが、ベースの部分が違えば、鍛えればさらに上を目指せるということなんだなと。

さて、そのご両親がいるデーデーブルーノ選手の実家や、出身校はどこなのでしょうか?

見ていきましょう!

 

デーデーブルーノ選手お気に入りのモデル(メンズ)です!今すぐチェック!!

 

スポンサーリンク

デーデーブルーノの実家と出身高校はどこ?

デーデーブルーノ選手の実家は、長野県松本市です。

そして、デーデーブルーノ選手は、小学2年生のときからお兄さま(デーデー・アンドリューさん:神奈川県の社会人2部リーグのエスペランサSC所属でゴールキーパー)の影響もあってサッカーを始め、創造学園高(現在の松本国際高等学校)1年生の秋まではサッカー部に所属していたんだそうです。

でも、「技術があまり上手ではなかったので、レベルが上がっていくにつれて楽しめなくなった」んだそう・・・。

ですが、もともと走るのは得意で、高校2年の春に仲の良い友人に誘われたことをきっかけに陸上部に入ったそうです。

「やってきたことが目に見える形でタイムや結果に表れるのが楽しい」と、すぐにのめり込んでいったそう。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、男子400メートルリレー決勝を友達と一緒に日本チームの活躍をスマホで見ていたようです。

日本チーム(山縣選手、飯塚翔太選手、桐生選手、ケンブリッジ飛鳥選手)が華麗なバトンワークを見せ、銀メダルを獲得。

友達と大興奮で感動!

格好いいなと思って、ケンブリッジ選手は父親が海外の出身で自分と同じだから、自分も、もしかしたらオリンピックに出られる可能性があるんじゃないかと勇気をもらったんだとか。

競技を開始してからわずか1年で全国高校総体の100メートルで5位に。

そして、陸上の名門、東海大へ進学します。

さて、次は気になるデーデーブルーノ選手のプロフィールについてもご紹介しますね。

 

こちらもデーデーブルーノ選手のお気に入りモデル。かなり使いやすいとの口コミもあり!今すぐチェック!!

 

スポンサーリンク

デーデーブルーノ選手のプロフィールを紹介

デーデーブルーノ選手のプロフィールをご紹介します!

生年月日:1999年10月7日生まれの21歳
出身大学:東海大(現在4年生)
出身:長野県松本市
身長:177センチ
体重:79キロ
ニックネーム:デーデー、ブル

他の日本の陸上選手と比べても体格の差はありませんが、とにかく、太ももの筋肉と上半身の筋肉がすごいですよね!

トップスピードは今回の日本選手権で優勝した多田修平選手を上回るタイムを出しています。

競技を始めてまだ5年で、いきなりオリンピック代表に選ばれるという、実力と運を兼ね備えた、超ラッキーボーイということですね!!

では、そんなラッキーボーイのデーデーブルーノ選手はツイッターやインスタのアカウントを持っているのでしょうか?

調べてみたので、早速見ていきましょう!

 

色もデザインも完璧で履きやすいと女性に大人気のモデル。高評価の口コミ多数あり。今すぐチェック!!

 

スポンサーリンク

デーデーブルーノ選手のツイッターやインスタのアカウントはある?

ツイッターアカウント、見つかりました!

@BruRemy1074で、フォロワーは4500人近くいました。

応援している方がたくさんいるということですね!


投稿を見ると、なんとなく素朴な人柄が伝わってきます。

ますます応援したくなりますね!

インスタアカウントも見つかりました。

bruremy1074で、こちらもフォロワーは1800人近くいました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bruno Dede(@bruremy1074)がシェアした投稿


走り抜ける後ろ姿がかっこよすぎです!!

 

お子さんに大人気のモデルはコレ!!足首のところのサポートがしっかりしているから砂も入りにくいとの口コミも。他の口コミもチェック!!

 

スポンサーリンク

まとめ

さてここまで、デーデーブルーノ選手の両親の職業や、実家や出身校がどこかなどについてご紹介してきました。

実は、デーデーブルーノ選手は、400mリレーは2走とアンカーしか経験がないそう。

直線に自信があるそうで、2走は受け渡し両方をこなす必要があるのでアンカーを希望しているようです。

400mリレーは現在、デーデーブルーノ選手のほかに桐生祥秀選手が選ばれています。

リレーのエントリーメンバーはこの2人に加えて男子100m代表の多田修平選手、山縣亮太選手、小池祐貴選手のあわせて5人ですが、一方で世界陸連のルール上、個人種目にエントリーしている選手はリレー種目を走ることができます。

男子200mに内定したサニブラウン アブデル・ハキーム選手や飯塚翔太選手なども男子400mリレーに出場できることになり、日本陸連によると400mリレーのメンバーは本番ギリギリまで選手の調子を見ながらということになりそうです。

デーデーブルーノ選手は次のように話しています。

「五輪はいろんな人が目標にして、誰もが知っている大会。そこに自分の名前が残ることが光栄。リオ五輪を見ていて自分もきっかけをもらった。将来がある子供たちに何かきっかけや影響を与えられる走りがしたい」

JIJI.COMより抜粋

今乗りに乗っている、ラッキーボーイのデーデーブルーノ選手の活躍、めちゃめちゃ楽しみですね!!

楽天でランニングシューズをさがす

スポンサーリンク
オリンピックスポーツ
スポンサーリンク
ふぃるをフォローする
"phil" of Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました