スポンサーリンク
スポンサーリンク

全国旅行支援/全国旅行割はアパホテルで使える?お得な予約方法や適用条件を紹介

くらし

全国旅行支援(使う側からしたら旅行割ですね!)が10月11日から開始されました!

全国旅行支援は、県民割の延長で10月以降、年末近くまでお得に旅行することができるという旅好きさん、今まで自粛してたから、どこか行きたい!!と思っている方になんとも嬉しい制度なんです!

長かった夏もようやく終わりを告げて、これから本格的に寒くなる前の今の季節がベストシーズン♪

そして旅行と言えば旅を楽しみたいから、泊まるところは極力コストを抑えたいと思っている方も多いのでは?

そんな方に人気なのが、ビジネスでももちろんよく使われるアパホテル。

そこで今回は、全国旅行支援/全国旅行割について、

  • 全国旅行支援/全国旅行割はアパホテルで使える?
  • 全国旅行支援/全国旅行割でアパホテルをお得に予約する方法は?
  • 全国旅行支援/全国旅行割の適用条件

などの項目についてご紹介していきたいと思います!

 

こちらもチェック!

全国旅行支援/全国旅行割はいつまで?日帰り旅行も対象か調査!

全国旅行支援/全国旅行割は東横インで使える?お得な予約方法と適用条件を調査!

全国旅行支援/全国旅行割はディズニーホテルで使える?お得な予約方法/適用条件と注意事項も調査!

アパホテル×全国旅行支援の予約は下記サイトからできます!
↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

全国旅行支援/全国旅行割はアパホテルで使える?

結論からすると、全てのアパホテルではないですが一部のアパホテルで使えます!

ただし、こんなことがアパホテルの公式サイトに記載がありました。

10月11日(火)開始と発表されている全国旅行支援について、各都道府県ごとに利用条件が異なるため、アパ直では10月11日(火)[東京都は10月20日(木)]以降、準備が整い調整が完了した都道府県から、順次受付を開始致します。

都道府県毎のルールに関わらずアパ直においては受付開始日以降に全国旅行支援の適用を選択した新規予約のみを適用対象とし、受付開始以前の予約(既存予約)への適用はできません。

アパホテル公式サイトより抜粋

つまり、アパホテルは対象だけれども事前予約の分は適用されないということのようですね。

2022年10月13日現在の状況は・・・

≪販売開始前≫
アパホテル〈埼玉東松山駅前〉、アパホテル〈つくば万博記念公園駅前〉、アパホテル〈高崎駅前〉
アパホテル〈西舞鶴駅前〉、アパホテル〈びわ湖 瀬田駅前〉、アパホテル〈金沢西〉
東京都のすべてのアパホテル

≪販売予定なし≫
京都府のすべてのアパホテル、アパホテル〈甲府南〉

ほかにも参加中のホテルはたくさんあるので、ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

都道府県別参画宿泊先一覧

※アパ直とは

2018年3月に開始した公式サイトやアパアプリからの直接予約サービス

それから2023年になって制度が再開されたので、その詳細もご紹介しますね。

全国旅行支援/全国旅行割2023の制度概要

【2023年1月10日追記】

2022年の年末をもって一時中断していた全国旅行支援(全国旅割)が今日から再開しましたね!

ただ、割引率などが少し変更になっています。

既にご確認済かもしれませんが、念のためご紹介しておきますね。

実施期間 2023年1月10日以降2023年3月31日(金)まで(予定)
割引率 旅行代金の20%
割引上限額
(1名1泊)
交通付旅行商品 5,000円
上記以外 3,000円
クーポン券
(地域クーポン)※休日=宿泊日とその翌日が両方とも「土曜・日曜・祝日」の場合
平日 2,000円
(原則として電子クーポン)
休日 1,000円
(原則として電子クーポン)

旅程中、1乗車でも『対象の運送サービス』を利用するものは、「交通付き」旅行商品とみなされるようです。

対象の運送サービス一覧

  • 航空機:すべて対象
  • 鉄道:1乗車で片道50キロ以上の有料列車利用を含むもの
  • 乗合バス(路線バス、定期観光バス、高速バス等):1乗車で片道50キロ以上の利用を含むもの
  • 貸切バス:貸切バスの2時間以上の利用を含むもの
  • タクシー・ハイヤー:直線距離で片道50キロ以上の利用を含むもの
  • 内航航路:1乗車で発着する港間の直線距離が、片道50キロ以上の利用を含むもの
  • 離島航路:すべて対象

さて、制度変更についても確認したところで、気になるのはやっぱり『お得に予約する方法』ですよね?

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

全国旅行支援/全国旅行割でアパホテルをお得に予約する方法は?

結論から申し上げると、『全国旅行支援対応の旅行予約サイトから予約をする』ということです。

県民割の延長が全国旅行支援になるので、県民割に対応している旅行予約サイトは引き続き、全国旅行支援の予約を受付する可能性が高いということですね。

絶好の機会を旅行会社も逃すはずはないと思いますので。

現在わかっている全国旅行支援対応の予約サイトはこちらです。

という状況です(順次追加していきますね)

楽天なら5と0のつく日はお得だったり、それぞれお気に入りの旅行サイトがあると思いますので、お好みで選んで、いろいろチェックしてみてくださいね!

全国旅行支援の旅行予約サイト経由で予約すると、便利なのは他社と料金比較が簡単にできるところですよね。

いろいろ予約サイトを比較しながらチェックするともう旅行に行った気分に・・・!

私はあれこれ比較しながらいろいろ調べているときが一番好きです(笑)

全国旅行支援割引を受けるためには指定された予約サイト・直販予約システムを経由しての予約をすること

各自治体の全国旅行支援の公式ページをよく読んでみることが大事です。

ホテル公式ページからも予約が可能かも確認してみてくださいね!

例えば、今東京ディズニーリゾートのイベント割なども発表され、すでに大変なことになっている千葉県は・・・

既に旅行会社によっては受付終了のところも出ていました。

全国旅行支援のルールは各自治体でちょっとずつルールが違うので要注意。各自治体の全国旅行支援の公式ページを一度じっくり読みましょう!
さて、少し条件や対象者についても触れましたが、適用条件について最後にご紹介しましょう。
スポンサーリンク

全国旅行支援/全国旅行割の適用条件

本人確認書類と3回ワクチン接種証明またはPCR検査の陰性証明が条件

県によって、2回ワクチン接種も可となっているところもあり、詳しくは各県のホームページで確認することが大事で鵜s。

子供のワクチンとPCR検査について

各都道府県ごとに若干違うため、予約をする前に各都道府県のホームページをチェック!

『全国旅行支援 〇〇県』というように検索すると、自治体の情報、旅行会社の情報などたくさん出てくると思いますので、よく読んだほうがよいと思います。

  1. 12歳未満は、ワクチン接種証明書・予防接種済証等または検査結果通知書は基本的に不要
  2. ただし、同行者全員のワクチンまたは検査の確認が必要

※まん延防止重点措置が発令される場合などにおいては、6歳以上12歳未満の児童について、検査結果の陰性確認が必要となることもあり。

つまり、感染再拡大を防ぐために、ワクチンを接種している証明と本人確認資料はマストということなので、ワクチン証明どこにしまったっけ・・・・となっている方は、探してから予約しましょう。

予約できたけど、証明が見つからなかった・・・なんて悲劇ですからね。

 

スポンサーリンク

まとめ

さてここまで、全国旅行支援/全国旅行割はアパホテルで使えるのか、お得な予約方法や適用条件などについてご紹介してきました。

すでに予算枠に達してしまって、10月11日から始まったばかりなのに相次いで売り切れ、終了なんていうニュースも出ていますが、予算配分の見直し、追加配分の話も出ているようです。

今回の全国旅行支援は、県民割、都民割に続く、経済支援策でもありますし、恐らくこのままトーンダウンさせたくないという思いは国にもあると思うので、ニュースもチェックしつつ、自治体のホームページもこまめにチェックするのが◎だと思います。

2023年になって、規模は縮小したものの、制度が再開されました。

年度末まで延長のようなので、これからの冬のアクティビティや、春先のお出かけなどなど、お得に楽しい旅を!

 

こちらもチェック!

全国旅行支援/全国旅行割はいつまで?日帰り旅行も対象か調査!

全国旅行支援/全国旅行割は東横インで使える?お得な予約方法と適用条件を調査!

全国旅行支援/全国旅行割はディズニーホテルで使える?お得な予約方法/適用条件と注意事項も調査!

アパホテル×全国旅行支援の予約は下記サイトからできます!
↓↓↓

 

スポンサーリンク
くらし
スポンサーリンク
ふぃるをフォローする
"phil" of Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました