スポンサーリンク
スポンサーリンク

上野動物園双子パンダはいつから見れる?予約が必要かと一般公開日も

くらし

2021年6月に生まれた上野動物園の双子パンダの名前が10月8日に発表されましたね!

オスは『シャオシャオ(暁暁)』メスが『レイレイ(蕾蕾)』。

上野動物園に双子パンダが生まれるのは初めてとのことで、上野のまちはすでに、お祝いの準備で大忙しのようです!

いつから見られるの?とか、予約必要なの?とかいろいろ気になりますよね?

そこで今回は、上野動物園双子パンダについて、

  • 上野動物園双子パンダはいつから見られる?
  • 上野動物園双子パンダを見るには予約が必要?
  • 上野動物園双子パンダの一般公開日はいつ?

などの項目についてご紹介していきたいと思います!

 

合わせて読みたい!

上野動物園双子パンダのグッズやぬいぐるみはどこで買える?通販情報も紹介!

スポンサーリンク

上野動物園双子パンダはいつから見られる?

上野動物園の双子パンダの公開日が決まりましたね。

2022年1月12日からです。

昨年9月にオープンした飼育施設『パンダのもり』で、母親のシンシンと一緒にお披露目のようです。

当面は午前中の2時間に限定。

母子の体調に問題がなければ、公開時間を徐々に延ばすことも検討されているようです。

1月となるととても寒い時期ですし、双子は寒いのに大丈夫?と心配になりますが、実はパンダは寒さに強いみたいですよ。

野生のパンダは、中国の四川省や陜西省などの標高の高いところに生息しています。

氷点下などでも元気に動き回っているくらい、寒さには強いんです。

逆に暑さには弱いみたいですね。

双子とお母さんのシンシンの元気が姿が見られるのが今から楽しみですね。

ちなみに、前回お姉ちゃんのシャンシャンが公開されたのは、2017年12月19日でした。

生まれたのが2017年6月12日でしたので、約半年後にお披露目となったということですね。

今回の双子が生まれたのは2021年6月23日です。

前回と同じく半年後くらいなら、ちょうど年末になってしまうので、1月を公開予定としたのではないかと思われます。

早く会いたいですね!

次は、かわいい双子パンダを見るのには予約が必要なのかについても見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

上野動物園双子パンダを見るには予約が必要?

双子パンダを見るには予約が必要なのか、整理券のようなものが必要になるのか、などの情報はまだわかっていません。

ですが、新型コロナウィルスの影響で、今は基本的にどこの動物園も、水族館も人数制限が設けられていたり、予約や整理券が無いと入れないという状況ですよね?

上野動物園も同じです。

上野動物園では再開園にあたり、公共交通機関と園内の混雑緩和、新型コロナウイルス感染症の拡大防止、飼育動物の安全確保のために、当面のあいだ整理券予約システムによって1日の入園者数を制限します。どなたも事前に整理券による予約が必要になります(完全予約制)。ご協力をお願いいたします。

再開園日 2021年6月4日(金)
入園者数上限 2,000名/日
※2021年10月9日(土)[10月2日(土)受付開始]から6,500名/日
入園門 東園の表門のみ。その他の門は退園できますが入園はできません。

東京ズーネット公式サイトより抜粋

入園者の上限については増えたようですが、引き続き整理券予約システムを使っての入場となります。

私も先日葛西臨海水族園に行ってきましたが、時間ごとの整理券が必要でした。

整理券が無いと、そもそもチケットも買えないという状況です。

通常入園でも、このような状況ですので、双子パンダの公開となればさらに制限がありそうな感じがします。

前回のシャンシャンの公開のときは以下のような感じでした。

  • 公開開始日は 2017年12月19日
  • 公開時間は9時45分~12時15分 (2018年1月末まで公開時間を限定)
  • 観覧方法は抽選で、事前にWebサイトおよび電話で申し込みが必要

ですので、今回も同じように、

  • 公開時間が限定
  • 予約は抽選による申し込み

になる可能性が高いです。

整理券+抽選の両方が必要になるかもしれませんね。

詳細がわかり次第こちらでお知らせしますので、ぜひぜひチェックしてみてくださいね!

では、一体一般公開日はいつになるのかも、予想してみましょう!

 

スポンサーリンク

上野動物園双子パンダの一般公開日はいつ?

はじめに、双子パンダが見られるのは来年2022年の1月の予定とご紹介しました。

前回のシャンシャンの公開は生まれた日から約半年後でしたし、今回の双子も2022年1月公開なので、約半年後ということですね。

感染状況を見てということにもちろんなるとは思いますが・・・・。

来年の上野動物園は2022年1月2日から開園しているようですが、さすがに三が日からパンダ公開にはしないのではないでしょうか?

お正月から公開にしたら、飼育委員さんも準備が大変でしょうし、抽選もただでさえ超激戦が予想されるのに、お休みの方が多い時期ですから、輪をかけて激戦になりそうです。

ですので、お正月ムードも落ち着き、成人の日の三連休が明けた辺りからではないかなと、勝手に予想します。

2022年1月12日、あるいは1月18日辺りかなと。

でも、これはあくまで私の勝手な予想です。

→→→公開日、当たりましたね笑

2022年1月12日と決定しました!

ところで、双子パンダのお誕生日や両親、みなさんご存知ですか?

『当たり前じゃない、そんなの』と聞こえてきそうですが、念のためご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

上野動物園双子パンダの誕生日や名前の由来と親を紹介

上野動物園の双子パンダの名前は一番はじめにご紹介したように、

オス・・・『シャオシャオ(暁暁)』

メス・・・『レイレイ(蕾蕾)』

です。

動物園が名前を募集し、一般公募で寄せられた19万2712件の中から選ばれました。

上野動物園で双子パンダが生まれるのは今回が初めて。

誕生日・・・2021年6月23日

両親・・・父親リーリー(力力)/母親シンシン(真真)

お姉ちゃんはシャンシャン(香香)です。

双子の名前について小池都知事も以下のように話しています。

上野動物園の双子の赤ちゃんパンダの名前が決まったことについて「オスの『シャオシャオ』は、夜明けの光がさして明るくなっていくということを表している。メスの『レイレイ』は、蕾から美しい花が咲いて未来へとつながっていくということを表している」

そのうえで「『シャオシャオ』と『レイレイ』の組み合わせは、明るい夜明けから未来へつながるという意味もあり、とてもいい名前ではないかと思う」と述べました。

(NHK NEWS WEBより抜粋)

コロナ禍でどんよりとした空気を双子のかわいいパワーで明るくしてくれそうですね!

ちなみに、現在の双子パンダの様子はこんな感じですよ。

かわいすぎて、思わずニヤニヤしちゃいますよね(笑)

癒やされます。

 

スポンサーリンク

まとめ

さてここまで、上野動物園の双子パンダはいつから見られるのか、予約が必要なのかなどについてご紹介してきました。

すでに、みなさん待ちきれない様子ですよ。

我が家も見に行きたいと話しています。

かわいいパンダや動物たちに癒やされたい・・・!

そして、投稿者さんも書かれていますが、ほんとに双子を元気に育ててくださっている飼育員さんたちに感謝ですね!

来年の公開を楽しみに待ちましょう!

それまでは、かわいいグッズをあれこれ探すのも楽しいですね♪

 

グッズについてもいろいろご紹介してますので、ぜひ!!

スポンサーリンク
くらし
スポンサーリンク
ふぃるをフォローする
"phil" of Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました