スポンサーリンク
スポンサーリンク

青天を衝け大島優子と愛希れいかの登場はいつから?放送日を予想!

ドラマ

いよいよ物語も終盤となる、NHK大河ドラマ『青天を衝け』ですが、クライマックスに向けて新たな俳優陣が先日2021年10月18日に発表となりました。

泉澤祐希さん、笠松将さんなどなど人気俳優が名を連ねる中で、一際注目が集まっているのが、栄一の再婚相手である伊藤兼子役として大島優子(おおしま ゆうこ)さん、井上馨と再婚する武子役に元宝塚月組の娘役トップをつとめた愛希れいか(まなき れいか)さんが抜擢されたことではないでしょうか?

どちらも、物語のクライマックスに向けてかなり重要な役どころです。

ファンの皆さんは2人がいつから出てくるのかも気になるところですよね?

そこで今回は、『青天を衝け』の大島優子さんと愛希れいかさんについて、

  • 青天を衝け大島優子と愛希れいかの登場はいつから?
  • 青天を衝け大島優子と愛希れいか登場する放送日を予想!
  • 青天を衝け大島優子と愛希れいかの役どころは?

などの項目についてご紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

青天を衝け大島優子と愛希れいかの登場はいつから?

大島さんと愛希さんはいつから登場するのでしょうか?

まだNHKの公式サイトにも大島さんの公式ファンサイトにも出ていませんでした。

放送は残りあと10回。

大島さん演じる伊藤兼子と栄一が再婚するのは栄一が43歳のときです。

2021年10月17日の時点で栄一の年齢は32歳。

10年をすっ飛ばして10月24日の放送のときにいきなり再婚はなかなか考えづらいですね・・・。

はじめの奥さん千代さんはコレラで亡くなってしまいます。

その翌年に伊藤兼子と再婚。

NHKの公式サイトを見ると10月24日の回で『栄一、銀行を作る』となっていて、そこには栄一のお母さんが体調を崩して東京に来るということしか書かれていません。

まだ、来週の時点では兼子さんは出てこなさそうですね。

兼子が出てくるのは、恐らく早くて11月はじめではないかと思います。

愛希れいかさんが出てくるのも同じくらいの時期か、あるいは、もう少し後になるのではないでしょうか。

では、実際の放送日も予想してみましょう!

 

スポンサーリンク

青天を衝け大島優子と愛希れいか登場する放送日を予想!

先ほどもご紹介したように、恐らく大島さんと愛希さんが出てくるのは11月ではないかと予想します。

となると、早くて2021年11月7日、もう少し後になるとすると11月14日か11月21日あたりではないかと予想します!

先週2021年10月31日の予告にちらっと大島さんが登場していましたね!

恐らく11月7日の回に大島さんは登場すると思われます。

ですが、予告ではお千代さんの体調が悪くなっている様子は出ていませんでしたので、まだ栄一とは出会わないのではないかと思います。

【2021年11月13日追記】

先週の回では、ちらっと映っただけでほとんど登場しませんでしたね。

やはり本格的に登場するのは14日の週以降かなと。

二人が出会うのは、翌週11月14日、もしくは11月21日あたりでしょうか?

どんな伊藤兼子を見せてくれるのか、楽しみですね!!

愛希さんの登場についても、恐らく14日だと予想されます。

華やかな社交界のダンスシーンが予告で出ていました。

美しいダンスシーンが見られるかもしれませんね。

みなさんも気になっているみたいです。

さて、では最後にお二人の役どころを簡単にご紹介しておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

青天を衝け大島優子と愛希れいかの役どころは?

はじめに少しご紹介したように、大島さんは栄一の再婚相手、愛希さんは井上馨と再婚する女性として登場します。

大島優子が演じる伊藤兼子ってどんな人物?

「伊勢八」の名で知られた豪商の伊藤八兵衛の娘。

明治維新後、家業が大損失を出して没落してしまいます。

実家は没落し夫とも離縁。

路頭に迷う妹たちを女手ひとつで養うために、芸者として身を立てることを決意。

ドラマの中では、その置屋で三味線の師匠として出入りしていたやす(木村佳乃)と出会うようなので、やすさんから栄一と兼子を引き合わすのかもしれませんね。

兼子には何度も縁談が持ち上がったようですがすべて「妾(めかけ)」としてだったようで、断り続けていたようです。

栄一との再婚は正妻としてだったので、決断したと思われます。

しかも再婚当時に渋沢家が住んでいたのは、なんと伊藤家が手放した元の彼女の実家だったんだとか。

二人の再婚は運命だったのかもしれません。

お嬢様ですが、妹たちを守るために芸妓になる決心もするくらい強い女性です。

凛とした雰囲気とかわいらしさを持つ大島さんがどのように演じるのか、楽しみですね!

愛希れいかが演じる井上武子ってどんな人物?

はじめ、武子は外国判事の中井弘という人と結婚しますが、明治2年に離婚。

同じ年に当時大蔵省輔だった井上馨と再婚します。

明治9年には夫とともにヨーロッパに渡って西洋式の社交術を学び、グラント前アメリカ大統領の応接でも活躍。

のちに外務卿(外務大臣)となった夫の鹿鳴館外交を支え『鹿鳴館の華(はな)』と呼ばれました。

舞踏会・仮装会・慈善バザーを主催し、活躍したそうです。

社交界でドレスを着てのダンスは娘役出身の愛希さんの本領発揮となりそうですね。

美しいダンス姿が見られると思うと楽しみです。

元宝塚トップの娘役の美しさとエレガントさを存分に見せてほしいですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

さてここまで、青天を衝け大島優子と愛希れいかの登場はいつからなのか、二人の役どころなどについてご紹介してきました。

大島さんも愛希さんも今回が大河ドラマ初出演です!

愛希さんは退団後初のドラマ出演でもあります。

大島さんは時代劇に憧れがあり、そのためにピアスホールを開けなかったという逸話も。

物語はこれからいよいよクライマックスへ向かっていきます!

オリンピック・パラリンピックでの中断が悔やまれるという意見も多いですね。

渋沢栄一というあまりその半生を知られていなかった人物を描くということから、当初はどうなんだろう・・・?という意見もありましたが、蓋を開けてみれば、大人気のドラマとなりました。

毎週楽しみにしている方、ほんとに多いみたいです。

『もっと見たい』という意見も多いですね。

最終回まであと10回!

最後まで『おかしれぇ』大河ドラマを見せてほしいですね!!!

 

スポンサーリンク
ドラマ
スポンサーリンク
ふぃるをフォローする
"phil" of Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました