スポンサーリンク

岸優太Gメン映画の興行収入と動員数を予想!ほかジャニーズ映画との比較も紹介

ジャニーズ
本ページはプロモーションが含まれています。

2023年8月25日に公開予定の「Gメン」

原作コミックは150万部超えの人気作品です。

King&Princeの岸優太さんの初映画主演作品ということもあって、ファンの間では話題になっています。

岸さんの初主演作品、ヒットさせたいと何度も映画館に見に行こうと今から気合いを入れているファンの方も多いですよねっ!

カラダを張ったアクションシーンもあるようで、今から楽しみです。

そこで今回は、岸優太Gメン映画について

  • 岸優太Gメン映画の興行収入と動員数を予想!
  • 岸優太Gメン映画の興行収入と動員数をほかジャニーズ映画と比較
  • 岸優太Gメン映画の作品概要

などの項目について、ご紹介します。

スポンサーリンク

岸優太Gメン映画の興行収入と動員数を予想!

そして主演を務めるのは、king&Princeの岸優太さん。

主人公の門松勝太の真っ直ぐで仲間思いなところが、岸さんにとても合ってる配役だと思いました。

更に、現在放送中の「だが情熱はある」での演技が好評な、SixTONESの森本慎太郎さんも出演します。

そして岸さんは11月のジャニーズの退所することになっています。

そのため、多くのファンが映画館に足を運ぶのではないでしょうか!

まず、最近の東映映画の興行収入と動員数を見てみましょう。

・「大怪獣のあとしまつ」(2023年5月10日時点)

興行収入:4.8億円/動員数:12.4万人

・「ONE PIECE FILM RED」(2023年5月10日時点)

興行収入:197億円/動員数:1427万人

・「THE FIRST SLAM DUNK」(2023年5月10日時点)

興行収入:138.8億円/動員数:966万人

・「レジェンド&バタフライ」(2023年5月10日時点)

興行収入:24億人/動員数:188万人

根強いファンが多いアニメは、興行収入、動員数共に多いですね。

同じジャニーズ事務所では、岸さん、森本さんの年齢に近い山田涼介さんの出演作品「大怪獣のあとしまつ」を参考にすると、興行収入は3~7億円、動員数は10~20万人くらいなのかと予想します!

これは、あくまでも私の予想なのであしからず。

夏休みの公開なので、学生さんなどは行きやすいかなと思いました。

それでは、今までジャニーズのメンバーが主演を務めた作品は、どのくらいの興行収入があったのかみていきましょう。

次の項目で詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

岸優太Gメン映画の興行収入と動員数をほかジャニーズ映画と比較

同じKing&Princeのメンバーが主演を務めた作品がコチラ

【2019】弱虫ペダル 永瀬廉主演

興行収入:6.3億円/動員数:41.5万人

【2021】かぐや姫は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル 平野紫耀主演

興行収入:10.3億/動員数:79万人

Gメンは連載が終了してからもファンが増えている作品です。

ジャニーズファンの方だけでなく、原作のファンの方も見にきてくれるのではないかと予想します!

多くの方が見てくれる作品になると良いですね!

最後に、岸優太Gメン映画の作品概要についてご紹介します。

スポンサーリンク

岸優太Gメン映画の作品概要

映画「Gメン」

劇場公開日:2023年8月25日

主演:岸 優太(king&Prince)

監督:瑠東 東一郎

原作:小沢 としお

脚本:加藤 正人  丸尾 丸一郎

どうしても彼女が欲しい一心で、女子にモテると言われている男子校に転校してきた、主人公門松勝太。

けれど、実際に門松が振り分けられたクラスは問題児ばかり集まる1年G組だったのです。

そこでできた仲間達と、初彼女ゲットのために向け全力で突っ走る青春エンターテイメント!

スポンサーリンク

まとめ

さてここまで、岸優太Gメン映画の興行収入と動員数予想、ほかジャニーズ映画と比較、作品概要についてお伝えしてきました。

出演者も続々と発表されていますが、公開されているビジュアルがコミックの登場人物にかなり近いですよね!

アルファベットのGと数字の6が似ていることから、6のつく日に新たな情報が解禁されるそうですよ。

予告ではアクションシーンもあり、迫力のある作品なのではないでしょうか!

また新しい情報が入り次第、更新していきますので是非チェックしてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました