スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年7月19日羽生結弦決意表明記者会見のテレビ放送はある?視聴方法やネット中継/見逃し配信があるのかも

フィギュアスケート

2022年7月19日の17:00~、フィギュアスケート界の絶対王者羽生結弦選手が、決意表明の記者会見を開くという発表が羽生選手をマネジメントする「team Sirius」からありました。

つい最近までファンタジーオンアイス(FaOI)にも出演し、ファンの皆さんを魅了していた羽生選手。

オフシーズンのこのタイミングで『決意表明』とは一体どういうことを話すのかと、記者会見の内容が気になるところですね。

そして、ぜひ、リアルタイムで見たい!17:00は見れないから見逃し配信とかないの?と思っている方も多いはず。

そこで今回は、2022年7月19日羽生結弦選手の決意表明記者会見について、

  • 2022年7月19日羽生結弦選手決意表明記者会見のテレビ放送はある?
  • 2022年7月19日羽生結弦選手決意表明記者会見の視聴方法は?
  • 2022年7月19日羽生結弦選手決意表明記者会見のネット中継や見逃し配信はある?

などの項目についてご紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

2022年7月19日羽生結弦選手決意表明記者会見のテレビ放送はある?

2022年7月19日0:00現在、まだテレビ放送・地上波放送があるということは発表されていません。

2022年7月19日の会見は、日本テレビ系列・テレビ朝日系列・TBS、そしてNHKではサブチャンネルで生放送されました。

そして、Abema NEWSでも配信されたようで、海外の方も注目していたようです。

ちなみにですが、北京オリンピックの時はTBSの公式スポーツYouTubeチャンネルでの配信がありました。

そして、地上波でも一部放送されましたが、すべて放送しきれず、途中で終了してしまう、という状況でした。

直前での発表なので、地上波で放送されるのかについては、ギリギリになって発表となるかもしれませんね。

新しい情報が入り次第、お知らせします。

以下北京オリンピックの時の様子です。
↓↓↓

【2022年2月14日一部追記】

テレビ放送、地上波放送での生中継があるのかについては、発表されていません。

→18:10現在、リアルタイムで各局のニュースをチェックしていますが、会見を生中継するというような情報は出ていません。

→どうやらTBSでは生中継があるようです。

18:30、開始時刻となりましたがまだ始まっていません。

ほかのチャンネルをチェックしたところ、各局生中継の放送があるようです!

そして、夜のニュースの時間帯でも再度放送されると思います。

もしかしたら、直前に何か情報が出るかもしれませんので、引き続きチェックしてみますね。

18:30といえば、ちょうどほとんどの局がニュース番組の時間です。

NHK・・・首都圏ネット(関東)

日本テレビ・・・NEWS every.

TBS・・・Nスタ

フジテレビ・・・イット

テレビ朝日・・・スーパーJチャンネル

2022年2月13日、21:00時点で、テレビの番組欄をチェックしてみましたが、どの局にも記者会見のことは出ていませんでした。

ただ、TBSの公式スポーツYouTubeチャンネルでの配信は決定しているので、TBSでは放送されるかもしれませんね。

明日は連休明けの月曜で、新聞が休刊なのでなんとも言えませんが、もしかしたら、明日になったら何かしらテレビ欄の変更があるかもしれませんので、もしも変更があったらお知らせしますね

もしも全部の局で放送されるなら、やっぱりCMの入らないNHKかなとも思いますが、会見中はどこの局もCMをはさまず放送されるような気もします。

思い出されるのは、やはり浅田真央さんの引退記者会見でしょうか?

全部の局で放送されましたね。

後ろを向いて涙を見せまいとする真央ちゃんの健気な姿が今でも目に焼き付いています。

それから、同じスポーツ選手の記者会見では、宮里藍選手、吉田沙保里選手などが皆さんの記憶にも新しいのではないでしょうか?

宮里藍選手の引退会見はAbema NEWSでも配信されていたので、AbemaTVでも放送されるかもしれません。

さて、次は、気になる記者会見の視聴方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

2022年7月19日羽生結弦選手決意表明記者会見の視聴方法は?

先ほどご紹介したように、地上波で生中継がありました。

そして、もちろんネット配信もされましたし、Abemaでも配信されました。

北京オリンピックの時は、先ほどもご紹介したように、TBS公式スポーツのYouTubeチャンネルでライブ配信されました。

参考までにご紹介するのは、北京オリンピックの時の状況です。
↓↓↓

現在わかっている視聴方法は、『TBS公式スポーツのYouTubeチャンネル』でのライブ配信です。

こちらで配信予定です。

18:30~なので、まだお仕事中の方、ちょうど帰宅途中の方がたくさんいらっしゃると思いますが、こちらのYouTubeチャンネルで視聴することができます。

スマホでもタブレットでも、パソコンでも見られるので、テレビの前にいなくても大丈夫です。

さて、次はこの会見はネット中継や、見逃し配信やアーカイブがあるのかについてもご紹介します。

 

スポンサーリンク

2022年7月19日羽生結弦選手決意表明記者会見のネット中継や見逃し配信はある?

ご紹介しているように、現時点ではまだテレビ放送があるのか、ネット配信があるのかわかっていません。

すでに、共同通信など様々なところから動画がアップされており、リアルタイムで見れなかった方も、またもう一度見たいという方も視聴することができます。

参考までに北京オリンピックの時の記者会見の時の状況をご紹介します。
↓↓↓

先ほどご紹介したように、『TBS公式スポーツのYouTubeチャンネル』でネット中継されます。

そして、ほかのスポーツ選手のときにもあったように、AbemaTVのAbemaNEWSでも配信されるかもしれません。

YouTubeでの配信なので、恐らくアーカイブされると思いますので、仕事でリアルタイムで見られなかったという方も、後でチェックできると思います。

それから、オリンピック中での記者会見なので、もしかしたらTverや、gorin.jpでも配信されるかもしれません。

当日、チェックする予定ですので、もしアーカイブ、あるいはライブ配信されていたらお知らせします!

【2022年2月14日追記】

YouTubeを確認したところ、各局のオンラインチャンネルから動画がアップされていました。

テレビ放送は途中で切れてしまっていましたので、最後の方を確認したい方も、ぜひぜひチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

2022年7月19日羽生結弦決意表明記者会見が開かれる理由は?

こちらについても、わかっていません。

私の予想では、『決意表明』と言っているくらいなので、引退、とは違うかなと思います。

現役を退くという情報が、羽生選手本人の口から語られる前に、朝9時ごろに情報が出てしまいましたね・・・。

私個人としては、羽生選手の口からその事実を聞きたかったので、少し複雑でした。

彼が中学生の時からのファンですが、負けず嫌いの羽生選手が『決意表明』と題して引退会見をする、というのは違うと思うんですよね。

今期も特別強化選手に選出されていますし。

あくまで私個人の見解ですが、度重なるけが、疲労などによって満身創痍の今の状態では、ベストな状態で戦うことが難しいから、今シーズンはグランプリシリーズには出場せず、けがの治療、疲労回復に専念し、来シーズン再び戦いの場に戻ってくる、ということではないかなと。

まだ完璧な4回転半も飛べていないですし(少なくとも彼自身は絶対に納得はできていないと思うんですよね、本心では)、向上心の塊のような選手なので、ここで無理矢理区切りをつけるということはしないと思います。

SNS上でもいろいろな意見が出ていますが・・・。

私もこの方の一言に尽きるかなと思います。

いろいろな意味に取れますよね?

でも、引退なら、決意表明とは言わない、私はそう思いました。

『決意表明』の意味は、『羽生結弦という一人のアスリートとして、今後もフィギュアスケートを続けていく』ということでしたね。

誰かと競うということはなくなるけれど、今後もアスリートして成長していきたい、だから競技からは退くけれど、アスリートして引退ではないという気持ちなんだと思います。

私の勝手な解釈ですが。

以下は北京オリンピックの時の記者会見の時の考察です。
↓↓↓

会見が開かれる理由としては、多数のメディアからの取材があり、個別に対応するのが難しくなったためということで、羽生選手から何か発表があるわけではないと発表がありました。

とはいえ、現時点でまだエキシビションに羽生選手が出場するのかもわからないという状況(通常であれば、5位くらいまでの選手はエキシビションに出場するのですが・・・)ですし、ファンとしては「引退なの?やっぱり・・・」と不安の声もたくさん挙がっています。

私個人としては、今の時点で羽生選手が引退や今後について言及するということはないと思います。

もちろん、全日本の時にも「あぁ、この景色をあと何回見られるのかなとか、いろいろなこと思ったりします」というようなことは羽生選手自身が語っていたので、今後のことは考えているとは思います。

羽生選手も現在27歳ですし、今回のオリンピックのように、10代や20代前半の選手の活躍する場面も増えてきています。

羽生選手が今回の大会に納得しているかは別として、「やり切った、出し切った」ということをインタビューでも言っていました。

自分に厳しく、常に自分を高めるために闘ってきた羽生選手とはいえ、燃え尽き症候群になってしまってもおかしくない状況だと思います。

ですので、会見の場では、まだ今後について明言するということはないかなと。

すでに3月の世界選手権に向けての準備に頭を切り替えているか、あるいは、次のシーズン、今後どうするかをまだ考えている最中ではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

2022年7月19日羽生結弦決意表明記者会見で語られた内容

こちらについては、当日会見後に追記しますね!

先ほどご紹介したように、『第一線を退く』という発表でした。

でも、『アスリート羽生結弦としては、これからも進化していきたいし、成長し続けたい』という前向きな、羽生選手らしいさわやかな会見でしたね。

「これからは競技者として他のスケーターと比べ続けられることはなくなった」とほっとしたような表情も見せていましたね。

「これからは自分の弱さと、過去の自分と戦い続けながら滑っていきたい。4回転半ジャンプにもより一層取り組む。これからも応援していただけたら」と話していました。

涙を見せず、誰に対しても丁寧、真摯な対応をする羽生選手は、やはり一流だと思います。

注目されるだけに、さまざまなことを言われて辛かったこともたくさんあったでしょう。

今は、ゆっくり体を休めて、大好きなフィギュアスケートをこれからも極めていってほしいなと思います。

以下は北京オリンピックの時の記者会見の様子です。
↓↓↓

【2022年2月14日 記者会見を終えて追記】

会見では、まず冒頭に質疑応答の前に羽生選手から伝えたいことがあると、羽生選手の発言から始まりました。

金メダルをとったネイサン・チェン選手に敬意を表し、自分はリンクにエッジが引っかかってしまうという不運がありながらも、非常に滑りやすいリンクだったし、運営に携わっている多くの方への感謝を話しました。

その後は、演技後の気持ち、リンクに乗らなかったこの数日間の気持ちや心境、4回転半に今後も挑戦するのか、今後のモチベーション、次のオリンピックはどうするのかなどなど、いろいろな質問が出ました。

ですが、恐らく前もって今後の進退については質問を避けるようにということになっていたのでは?というくらい、『引退』や『世界選手権』、『エキシビション』についての質問はありませんでした。

羽生選手の口から語られたのは、大まかには

  • 今回の大会、ショートプログラム、フリープログラムともに満足をしているということ
  • 4回転半についてはやり切ったという思い。自分のアクセルジャンプの原点は9歳のときの自分。9歳の自分がずっと、自分に『4Aをとべ』と言っていた。
  • 次のオリンピックのことはまだわからない。挑戦したいという気持ちもある
  • 今は、けがの状態が思わしくない。本当は10日間は安静とドクターからも言われていて、歩くのもつらい状況。

というような感じでした。

具体的にはもっと多くのことが羽生選手から語られましたが、ざっとまとめるとこのような感じだったと思います。

・・・かなりけがの様子は良くないみたいですね・・・。

エキシビションについても、ファンとしては演技を見たいという気持ちはありますが、羽生選手のけがのことを考えると、辞退したほうがいいのでは・・・という気持ちもあります。

いずれにしても、エキシビションについてはどうするのかは現時点ではわかっていません。

2022年2月20日がエキシビションの日ですが、発表は直前になるでしょうね。恐らく。

では、最後に気になる会見会場についてもご紹介します。

 

スポンサーリンク

2022年7月19日羽生結弦決意表明記者会見の場所(ホテル)はどこ?

会見が開かれた場所は、東京・赤坂にある、ANAインターコンチネンタルホテルでした。

考えてみれば、羽生選手はANA所属ですしね。

ANAとの今後の契約は未定のようですが、前向きに検討中のようです。

会見の2~3時間以上前から報道陣が待機し、取材許可がおりていないところも待機していたりしたようで、注目の高さが伺えます。

150人ほどの報道陣が駆け付けたようですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

さてここまで、2022年7月19日の羽生選手の決意表明記者会見のテレビ放送があるのか、視聴方法やネット中継、見逃し配信などについてご紹介してきました。

今後、テレビで試合前の表情、試合後のインタビューなどを聞けない、競技大会での羽生選手の演技を見ることができないのは、やっぱり寂しいです。

活躍の場を、ショーなどに移していくと思うので、これからはプロスケーター、そしてエンターテイナーとして、私たちを魅了し続ける存在になるでしょうね。

今後の羽生さんの活躍からますます目が離せませんよ!!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
フィギュアスケート
スポンサーリンク
ふぃるをフォローする
"phil" of Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました